長崎県初の恐竜化石

2010年7月3日

長崎市文化観光部文化財課より

福井県立恐竜博物館は、このたび、長崎県長崎市の野母崎の海岸から白亜紀後期(年 代は不明だが、およそ8400 万年前とみられる)の大型草食恐竜であるハドロサウル ス類の左大腿骨遠位部の化石を発見しました。

1 発見化石 ハドロサウルス類(全長約10m相当)の左大腿骨遠位部 ハドロサウルス類:幅広いくちばしを持ち、主に二足歩行をする草食 (植物食)恐竜。白亜紀後期に栄えた鳥脚類恐竜の代表的なグループ。

2 発見場所 長崎県長崎市野母崎の海岸

3 特記事項 1962 年(昭和37 年)に長崎市高島の石炭坑内から、“日本最初の恐 竜化石” が産出したという報告がありましたが、1994 年に恐竜化石で はないと訂正された経緯があります。 このため、今回の化石は、長崎県から産出された最初の恐竜化石とな ります。